らぶり~文鳥

我が家にいる文鳥達(ただ今18羽)との楽しい日常を紹介するブログです♪ この度ハムスターも仲間入りしました^^!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悩んだ末に出す結論

まったり夫婦の女の子の方のルルさん2才8か月
まったり夫婦 ルル

4月28日に1つ卵を産みました。
今期2回目の産卵が始まった! と思ってました。
でも、次の日もまた次の日も産卵をしません。
ルルはだいたい1日おきに産むタイプなのですが・・・
体重は1g増えてるから産むだろうと待っていました。
下腹が膨れてるし・・・
ふっくら

でも1週間経っても産みません

卵づまり  でも食欲もあるし、元気だし、フンもちゃんとしています。
触診すると・・・
ふっくら1

真ん中よりやや左よりにボコッと、、
でも柔らかいのです。 卵っぽくない・・・

卵づまりでも他の何かでも素人の私が出来ることはただ安静にさせることと保温のみです。
ですから早速バードクリニックで診てもらうことにしました。

結果は、「腹壁ヘルニア」でした。

多産が原因のようです。
ルルとココは毎年2回以上産卵期間を迎えてます。
かたや2才になるナナやチェリー、リンは一度も産卵をしません。
文鳥もそれぞれではありますが、やはり産みやすい子は気を付けねばなりませんね;;

「腹壁ヘルニア」を治す方法は外科的治療法しかありません。
でもあの小さい身体で全身麻酔なんです。
リスクは覚悟でうけなければなりません。
手術を受けないとすると、いずれ腹膜炎を起こしたり癒着してさらに悪化する可能性も・・・
そうなってからの手術はもっとリスクが高くなる・・・
でも、悪化せず、何年もそのままの状態でいられる可能性もあるし、
言ってみればいつ爆発するか分からない爆弾をかかえてるようなものです。

手術をするか否か、すごくすごく悩みました。
ルルが7才以上の年齢なら迷わず受けないところですが、まだ2才半です。
一応受けるということで今月の13日に予約を入れました。
先生はその間も家族とよく話し合って決めてくださいとおっしゃってくださいました。
正直な所、まだ気持ちは揺れています。
全身麻酔、切開・・・
かといって、何もしないで後悔もしたくない・・・
ルルはどうしてほしいだろう・・・
術後の痛みか、腹膜炎になってしまった時の痛み・・・
治るものなら治してあげたいけど、小さな身体には負担が大きすぎるか、
自然にまかせたほうがいいものか・・・
考えはどうどう巡りになってしまいます。

私の気持ちだけで言えば、治してあげたい=オペ ・・・なのですが

あと1週間あるのでもうちょっと悩んでみようかと思います。



今日は重い話になってしまいましたが、ルルは元気です^^
1羽でキャリーに入れたらパニクっちゃったので
仲良し夫婦のレオも一緒に病院に連れていっちゃいました(^.^)
先生は付き添いレオ君にご褒美として爪切りをしてくれました(笑)

レオ君災難
飼い主ラッキー  でした(#^.^#)






 2つのランキングに参加中です!多数飼いでも全員握り文鳥にするべく日々頑張りま~す。
     ポチっとしてくれると嬉しいです(*^_^*) CTRLキー押しながらだと楽チンよ♪
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| まったりカップル レオ&ルル | 00:18 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

(>_<)飼い主の辛いところですね。
私は最初の白文鳥の子を検診で連れて行った時、
お腹が少し膨れていて、長くて1年かもしれないと言われました。
泣きながら帰りました。
(小鳥の病院で有名なバードハウスの真田直子先生でした)
結果どうだったかというと、
8歳まで元気に生きました。

どんな選択であれ、飼い主が思いきり考えて出した結果なら、大丈夫と信じたいです。

それにしても鳥の夫婦って本当に仲良しなんですね。
私は飼い鳥の夫婦や子育ての経験がないので、
こうして皆さんのブログで見て、とても癒されます。
レオくんも一緒に祈ろう!

| りん | 2011/05/07 00:45 | URI | ≫ EDIT

はじめまして。いつも拝見させていただいております。
クワン10と申します。

うちには桜文鳥とシナモン文鳥がいます。
たぶん二羽とも女の子です。

私もとても悩むと思います。
どちらを選択しても きっと考えは巡り、言葉が交わせたら・・と思います。

ルルちゃんがレオ君と共に幸せな日々をこれからもおくることができます様に。
応援してます!

| クワン10 | 2011/05/07 01:38 | URI |

りんさんへ

そうだったんですか・・・
1年の余命が8年なんて、素晴らしいです!
きっとりんさんのケアが良かったんですね。
可能性と確率からの診断ですものね、最悪の可能性をドクターは
考えてしまうんですよね。
バードクリニックの先生も、もしかしたら発症せずに天寿まっとうするかもしれないし、
数週間後に発症するかもしれないし・・・
それは解らないとおっしゃってました。その通りですよね。
でもりんさんの白文鳥さんのように8年も生きてくれたらなあ・・・
あ~悩む;;

文鳥のツガイは仲良いですよ~(#^.^#)
朝に2羽で病院に行って、造影剤を飲ませてレントゲンだったので半日お預かりだったんですけど、
夫婦で預かってもらいました。
ルルも心強かったと思います。
恵比寿のバードクリニックの先生もスタッフも鳥の気持ちをとっても
配慮して下さるので大好きなんです。

応援ありがとうございます!!!

| kobachin | 2011/05/07 11:11 | URI |

クワン10 さんへ

初めまして!
コメントありがとうございます!

2羽女の子ですか。
何をしても産まない子もいるし、どんなに気を付けても
産んでしまう子もいますv-409
前者だといいですよね。

言葉が交わせたら・・・・心からそう思います。
そしたらいっぱい話し合えるのにな・・・

応援ありがとうございます!
2羽の関係を解消することなく生活できるように
配慮できたらと思ってます。

| kobachin | 2011/05/07 11:29 | URI |

はじめまして。
文鳥村より来ました。

うちも先月、2歳のコを亡くしその際に色々悩んだことがありました。
悪くなったのが1月下旬だったので雪が舞い散る中
病院に連れて行こうかどうか散々迷い、体調の比較的良い
3月初旬の晴れた日に連れて行っては見たものの結果的に
遅すぎたのか3ヶ月近く患っての他界となりました。
私としては1月のあの寒空の下連れ出したらそこまで生きられなかったと
今でもそう思ってるのですが果たして・・・。
Kobachinさんのブログを読ませて頂き悩んだ事と重ね合わせてしまいました。

ルルちゃんの体調不良に気づいてあげられただけでもご立派です。
遠くより応援しています^^

| Chicchi&jyujyu@Mama | 2011/05/07 12:16 | URI | ≫ EDIT

こんな小さな体に外科手術とは、なんとも痛ましい感じがしますね。涙が出てきます。悩むお気持ちわかります。

前に飼っていたワンコも首に違和感があり、全身麻酔の手術を薦められ、すごく悩んだことがあります。なんとか手術しない方法はないかと先生に相談し、最終的に薬による治療と自然治癒にかけました。
結局14歳まで生きてくれました。
犬で症状も違うしあまり参考にはならないかもしれませんが、セカンドオピニオンもとって決断された方がよいかと思います。

| 美雨 | 2011/05/07 20:56 | URI |

ルルちゃん、
心配ですね、
悩みますよね。。。。

まだ若いから、完治させてあげたく、
手術を選んだお気持ちもわかります(>_<)

もう1週間、悩んで、
kobachinさんが決めたことなら
きっとレオ君もルルちゃんも納得してくれるに違いありません!
遠くから、ルルちゃんが良くなることを祈っています。
頑張れ!!ルルちゃん★★

| くみもん | 2011/05/07 23:24 | URI |

おはようございます。

確かに悩みますよね・・・
「腹壁ヘルニア」初めて聞きましたが、小さい体にメス・・
kobachinさんにはとてつもなく辛い選択でしょう・・
まだ2才8か月なら尚更、もっと長生きしてもらいたい
ですものね・・・
できるなら手術なしで治療できたらいうことないのですが・・・

ルルちゃんが良くなりますように、私も微力ながらも
お祈りさせていただきます。

| おひまさん | 2011/05/08 10:53 | URI |

Chicchi&jyujyu@Mamaさんへ

はじめまして!
コメントありがとうございますv-364

まだまだお辛いのにコメント下さってありがとうございます。
キキちゃんですね。記事を読ませていただきました。
1月の寒空で病院まで連れて行くのは勇気のいることですし、
かえって体力を奪いかねませんよ。
私も急をようするものではなさそうだったらなるべく
自宅安静にしたいのでChicchi&jyujyu@Mamaさんと同じく様子をみてしまうと
思います。 もしかしたら寒空で連れて行って悪化してもっと早くに・・・
って言う可能性だってあったと思いますし。
手術の予約は取ったものの、やめようかとも考えています。
運命を受け入れようかなと・・・

励ましのお言葉ありがとうございます。
救われます・・・

| kobachin | 2011/05/08 17:18 | URI |

美雨さんへ

そうなんです・・・あんなに小さいからだに麻酔してお腹開いて・・・
冷静になって考えるとやっぱりリスクが高い気がしてます。
この日はまさか外科的処置が必要になるとは思わず、テンパっちゃって
「治るなら手術で」って予約しましたが、先生も「良く考えて・・・」
と言って下さってました。
鳥専門の病院は数が少なくこの先生は一番信頼している先生なので
おまかせしてるんです。
今回は二者択一なのは間違いなく、自然にまかせるか、リスクを背負ってオペに踏み切るか・・・
美雨さんのワンちゃんのように天寿まっとうしてもらいたいです。
出来れば自然のままで・・・
ご意見ありがとうございました。
だんだんと気持ちに整理がつき始めましたi-228

| kobachin | 2011/05/08 18:03 | URI |

くみもんさんへ

励ましのお言葉ありがとうございます!

凄く悩みました。
若いから完治させたい!!の一点で手術を・・・って思いましたが、
今も元気にみんなと飛びまわってるルルを見てると、自然にまかせてみようかなと
思ってきます。
合併症を起こしたらそれはルルの運命だと素直に受け止め、
そうなる日まで幸せな気持ちでいさせてあげたいなって思うようになりました。
でもまだ悩んじゃいますけど^^;

| kobachin | 2011/05/08 19:33 | URI |

おひまさんさんへ

こんばんは~

「腹壁ヘルニア」は内臓がお腹の壁から飛び出しちゃう病気なんです。
だから自然に治ることはなく手術によって戻さなくてはいけないんですって。
でもあんな小さな身体で全身麻酔はかなりのリスクですよね。
もしも・・・って考えるとやっぱり踏み切れないんです。
今はまだ痛みもなく元気ですし、合併症が何年も起こらないかもしれないし・・・
もうちょっと待ってみようかな・・・

ルルって私を文鳥好きにした最初の子なんですよ^^
なんて言うか、18羽の文鳥のなかで長女みたいな(#^.^#)
応援ありがとうございます!

| kobachin | 2011/05/08 20:09 | URI |

こんばんは。
ルルちゃんにそんなことが!
もし高齢ならば手術は受けられませんが、若いだけに葛藤しますね!!
私もなかなか答えを出せないと思います。
本当に、ルルちゃんの気持ちを聞けたら良いですね!

でも、kobachinさんが出される答えがルルちゃんにとってもベストな選択であることを、私も信じています。

レオ君、ルルちゃんに付き添って病院に行ったのですね。
ルルちゃんを励ましながら通院に付き添ったレオ君、本当にいい旦那様です!!

ルルちゃんの症状が悪化せず、元気で長生きしてくれることを祈っています!!

| マサキチ! | 2011/05/08 23:54 | URI |

ルルちゃん、ビックリしました。
腹壁ヘルニア…
言葉が話せないので余計に辛いです。
そしてkobachinさんのお気持ちもお察しします。
私も悩み続けると思います。
ルルちゃんの為を思って決めた決断ですから。
ルルちゃんも分かってくれますよ!

ルルちゃんの回復を心より祈ってます!

| tenten | 2011/05/09 00:52 | URI | ≫ EDIT

こんにちは。
手術・・悩みますね。

今年の初めに他界した我家のセキセイインコのピーちゃんも発情からヘルニアになってしまい、ヘルニアが癌化、最後は腹水がたまり3日に一度は水を抜いてもらいに病院に行く状態にまでなってしまいました。

我家の通っている小鳥の病院の先生は、手術は勧めない方でしたが、自分なりにいろいろ調べて、普通の生活に戻してあげられるなら手術を・・と思ったときには既に癌化している状態で
手遅れになっていました。
もう少し早く決断していたら、あんなに辛い思いをさせなくても済んだのではないか・・と、今も悔やまれます。

手術は確かに大きなリスクを伴い、覚悟を決めなくてはならない大きな問題ですが、どうか少しでも後悔をされないようにじっくりと考えてくださね。
(上手に言葉を伝えることができなくてごめんなさい)

| 佐藤インコ | 2011/05/09 10:01 | URI |

kobachinさんのお気持ちお察しします
私が同じ立場になっても同じように悩むと思います
kobachinさんが出す答えが
ルルちゃんにとって元気に回復することでありますように
心からお祈りしています・゜゚(>ω<。人)

| satori | 2011/05/09 17:21 | URI |

マサキチ!さんへ

そうなんです・・・
私もびっくりとショックでずっと考えてしまいました。
でも、ここ数日色々考えて、結論が出そうです。
ルルにとって幸せなのは大好きなレオとずっと気ままに生活すること。
気が向いたら他の子にチョッカイだしたり喧嘩したり・・・
1羽隔離して発情させないようになんて私には出来そうもありません;;

ルルにとってレオ以上のパートナーは他にいませんね^^

「ルルちゃんの症状が悪化せず、元気で長生きしてくれること」
ホントにそう思います。
ありがとうございます!!

| kobachin | 2011/05/09 20:52 | URI |

tentenさんへ

ありがとうございます。
言葉が交わせたらってこれほど思ったことはありません。
まだルルは痛みを感じてないので普通に元気でいます。
痛みのないルルに「どうする?」って聞いたら
きっと「このままでいいよ」って言うんだろうな・・・

ルルの遊んでる姿を見る度にこう思ってしまうんですよね。
このまま悪化しないほしいです。

| kobachin | 2011/05/09 21:42 | URI |

佐藤インコ さんへ

こんばんは。

闘病記、読ませていただきました。
ピーちゃんも佐藤インコさんも大変な日々だったんですね。
佐藤インコさん達のいっぱいの愛情を受けて、ぴーちゃんは幸せでしたね。
そう思いました。
バードクリニックの先生も手術はリスクを伴うからと
大手を振って推薦してくれたわけではなかったんです。
術後も圧迫されて苦しくなるかもしれないと・・・
先生も「実際に自分の子だったらって考えたら悩みます。」
とおっしゃってました。
わずか23gの鳥に人間が受ける手術と同じことをすると考えたら
凄いことですよね。
数日考えて、やはり現状維持が可能な限り自然のままでいようかなと思ってます。

後悔しないように・・・そうですね!
暖かいご意見ホントにありがとうございます。 

| kobachin | 2011/05/09 22:40 | URI |

satori さんへ

私にとってと、ルルにとっての幸せが必ずしも同じでは
ないんですよね・・・
人と違って動物は今しかみていない、今を生きる生き物なんですよね。
まだ元気なルルにわざわざ痛い思いをさせたくない、
もし悪化したらその時に考えよう。
それまでいっぱい楽しい生活を送ってもらいたいです。
そんなふうな結論になりました。
いつも暖かいお言葉ありがとうございます。

| kobachin | 2011/05/09 22:55 | URI |

はじめまして いつも、たのしく拝見してます。
特に、我が家にこの春ソラ君と同じシルバーボーイが加入してから、ソラ君に釘付けだったのですが、この記事はとても、ショックで、コメントを迷ったのですが・・・我が家の姫の一人も、実は、同じ爆弾を抱えているのです。
二箇所の病院に行きましたが、同じ診断でした。私は決断できぬまま、私のエゴで、今は我がコの生命力を信じています。
ルルちゃんもkobachinさんの決断を信じて、どちらの選択でもきっと頑張ってくれると思います。我が家の姫は、診断から半年、今も元気です。私達がベストと信じた事が、きっとルルちゃんや我が家の姫にとって、一番の幸せだと信じて・・・。
ルルちゃんが、苦しむ事無く、このままずっと楽しい毎日を送れますように、お祈りします。

| ゆみぞう | 2011/05/11 00:57 | URI |

ゆみぞうさんへ

はじめまして!
コメントありがとうございます。
いつも見てくださってありがとうございます。
ソラはヤンチャ盛り真っ只中って感じです^^

ゆみぞうさんのところも同じなんですね。
今も元気とのこと心強い限りです!
今では私もルルの生命力を信じたいと、そう思っています。
もし、爆発するのが早くに来てしまってもそれは
ルルの寿命;;それまで楽しく相方のレオと私達家族の愛情を
いっぱい受けてほしいと思っています。
ゆみぞうさん、コメント残して下さってホントにありがとうございました。
気持ちが落ち着きました。
ゆみぞうさんの文鳥ちゃんが一日でも長く元気でありますように
心からお祈りしています。

| kobachin | 2011/05/11 07:29 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/05/24 21:13 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://candyruru.blog72.fc2.com/tb.php/475-07ccae4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。